カーテンアルバム

神奈川県 川崎市 M邸

M邸にお邪魔したのは7月終わりの昼下がり。真夏でもほとんどエアコンは使わないという、 タワーマンションのご自宅には気持ちいい風が吹き抜け、その風を受けてカーテンがふわりと舞っていました。

シェード:生地 ナポリ(カフェノアール)

リビングのカフェカラーのシェードは 光を存分に取り入れるために日中はたたみ、日が暮れてからは下ろして落ち着いた時間を過ごします。

シェードの下にはフチを縫ったリネン生地(ガルフストリームヘムステッチ)をクリップで吊り下げてカーテン代わりに。織り込まれた梯子レースが涼しさを演出します。


ギャザーカーテン:生地 フィヨルド(オイスター)、カーテン(手づくり)/ヤリ

リビング隣にある部屋のドレープはMさまのお手製。10年以上使いつづけている愛着のある一枚だそう。

「生地とカーテン用のギャザーテープをリネンバードで買って、初めて一人暮らしをしたアパートの窓に合わせてつくったものです。ギャザーテープは横幅が調節できるので、そのあとの引っ越し先でも、結婚して移り住んだ今のマンションでも使うことができています」


「レースカーテンはたっぷりのギャザーにしたかったんです。自分ではきれいにつくる自信がなくて、オーダーでつくってもらいました」