News

FABRICA ALENTEJANA DE LANIFICIOS ウールラグ受注会はじまりました

本日よりスタートしましたFABRICA ALENTEJANA DE LANIFICIOS 手織りウールラグ受注会。
一度に全柄が見られる機会は、なかなか無いとのこと。今回は24柄すべてご覧いただけます。
昨晩、店頭に並べた私も、このボリュームには圧倒されました。見ごたえ充分です。
手織りなので、風合いもふんわり。カラー使いも個性的で、インテリアのアクセントになりますね。柄が素敵なのでタペストリーのように壁に掛ける方もいらっしゃるそうです。
確かに絵になる。

サイズもS:90×120、M:120×180、L180×220とありますので、シーンに応じて選べるのもうれしいです。
ヨーロッパ最後の手織り工場ですから、近い将来、手に入らなくなってしまうことになる貴重な1品です。ぜひ店頭でラグを広げて、手の込んだ柄を目でお楽しみください。

TOKIIROのクリスマス POP UP SHOP

 



11月15日(水)-11月26日(日)

多肉植物に特化したアレンジを手がけるユニット「TOKIIRO」。小さな器の中の小さな世界は可憐でありながら力強く、季節とともに様々な表情を魅せてくれます。
六本木店で2回目の開催となるPOP UP SHOP。TOKIIROの多肉植物がちょっと早めのクリスマスを演出します。寄せ植えの組み合わせは様々で、まさに世界にひとつだけの1点もの。あなたのお気に入りの1つと出逢えますように...

11月15日からはミッドタウンのクリスマス演出もスタートします。TLB homeでは、オーナメントや IRIS bougie のキャンドルも店頭に並びます。



クリスマスの準備が楽しくなるこの季節。みなさまのお越しをお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



About TOKIIRO

多肉植物に特化したアレンジを提案する近藤義展、近藤友美とのユニット。

グリーンデザイン、ガーデンデザイン、ワークショップ開催など、多岐にわたる活動の中から、空間(器)に生きるストーリー(アレンジ)を創作している。季の色を楽しむ。それは力強く生きる多肉植物の最大の魅力です。

冬は紅葉し、春は花芽をつけ、夏色を過ぎるころ秋には冬支度。そんな季(とき)を感じられるアレンジを空間に表現していきます。生きる、生かす、育てるをコンセプトで時の経過とともに進化するコミュニティー(アレンジ)にストーリーをプラスして、ミニチュアガーデンを作ります。DIYの要素も取り入れ「たった一つのお気に入り」がみなさんの生活に季の色を演出できたら幸甚です。

手織りのウールラグ 受注販売会



FABRICA ALENTEJANA DE LANIFICIOS
ポルトガルから来た、手織りのウールラグ 受注販売会
11月3日(金)~11月12日(日)

ポルトガルのアレンテージョ地方に古くから伝わる技術と図案、柄を用いて、熟練の女性職人3名によって一枚一枚、丁寧に織られたウールのラグ。使われている織り機は、ポルトガル、ひいてはヨーロッパ最後の手織り機といわれています。

今回ご紹介する柄は、工房に保存されていた膨大な過去の織り見本から再現したもの。生産量がとても限られたこのラグの、受注販売会を開催いたします。
この機会をお見逃しなく。



※オンラインショップでは、11月17(金)~27日(月) に受注販売会を予定しています。

 

アーコールソファとコーヒーテーブル

今日も朝から、しとしと雨。ぐっと冷え込み、ウールブランケットに包まるため、クローゼットから引っ張り出してきました。インテリアにもウールアイテムを取り入れたい気持ちが高まります。

本日アーコールのソファとテーブルが、お店にやってきました。ソファは3シーターでゆったりサイズ。座面のカバーはLIBECOのリネンでお作りしました。背もたれ部分の美しいフォルムに魅せられます。曲げの技術は、さすがのアーコール。

 



コーヒーテーブルも同じブランドで合わせたいもの。やさしい色味のオーク材。足元の棚が特徴的。棚木が交差しています。

 



クッションカバーも秋冬仕様に衣替え。こっくりとしたカラーやウール素材でウォーム感をプラス。大きめなブランケットで、ソファをカバーリングするのもいいですね。