NOTE

TEAM7のエルゴ枕

人間が本来持っている能力をサポートする、自然素材を活かしたbedfitterのエルゴ枕。夏はさらっと快適に、冬は体をやさしく温めてくれます。今回はその魅力や特徴、使い方についてご紹介します。

やわらかく包み込む独特なかたち

とても変わった形状をしているのが印象的なエルゴ枕。上下2ゾーンに分かれていて、首元まで伸びたかたちがユニークです。仰向け・横寝をしっかりとホールドして、顔が枕から落ちるのを防いでくれます。

 

湿度調整力の優れた自然素材である羊毛

サイドのファスナーを開けると、中には化学薬品で洗浄していない羊毛の粒がたくさん入っています。羊毛は、汗を処理してくれる湿度調整力と保温性が高いため、夏はさらっと快適に、冬は体をやさしく温めてくれます。人間が本来持っている能力をサポートする、自然素材を活かした枕なんです。


どんなふうに使うの?

"羊毛の量を調整して自分に合った高さの枕を作れる"という点がこの枕の大きな特徴です。まずは、ご自宅のマットレスに横になって、下の図を参考に羊毛の量を調整してみましょう。
仰向けの場合は、顎が上がったり下がったりしないように気をつけます。横向きの場合は、肩幅と沈み具合によってバランスをとりましょう。

 

羊毛を調整した後は、枕をよくほぐして馴染ませて下さい。また、使用しているうちに羊毛が少しまとまってきますのでその時にも外側からほぐしてあげると枕がふっくらしますよ。


実際に使ってみました

スタッフNが自宅で実際に使ってみました。「なかなか、しっかり大きいサイズ!」というのが最初の感想。横向きに寝るタイプで、朝起きると枕から落ちているということが度々あったのですが、この枕は横向きに丸まったときも頭が枕から落ちることはなく柔らかくフィットして、何といってもとても温か。

肩まで伸びた形状は、掛け布団と体の隙間を埋めてくれるので冷気が入りにくく、羊毛は汗を吸収し放湿する力が優れているため、冷えることなく保温力のおかげでじんわりとても温かいのです。
それなら夏場はどうなの?と気になるところ。夏場も同じく湿度調整をしてくれるので、放湿する際に気化熱を奪いサラリと涼しいんです。

リネンと同じように、人間が本来持っている能力をサポートする自然素材を活かした枕というわけです。

お手入れ方法

天然素材は太陽の光を浴びることが一番のお手入れ方法です。特に羊毛は、本来持っている復元機能と自浄能力によって、吸収した汗を中和・分解することが出来ます。
そのため羊毛製品はお洗濯ではなく、天日干しを行ってください。ご使用いただくうちに羊毛が少しずつ硬くなってきますが、天日干しすることによってふっくらした感じが戻り、殺菌効果も生まれます。

エルゴ枕のページはこちら

シャリ感が心地よいワッフル生地

国内で丁寧に織られたワッフル生地でタオルとブランケットを作りました。初めはリネンのシャリ感がほどよく残った肌ざわり。使うほどに柔らかく、なじんでいきます。

腕に "より" をかけてつくる生地

リネンの原糸を贅沢に4本 "よって" できた撚糸(ねんし)をもとに、糸の性質にあわせてじっくり織るというこのワッフル生地。一日に織れる量はたった40メートル!腕によりをかけてつくっている生地なんです。


繊細な糸を糸切れしないよう、職人さんが細かく機械を調整しながらゆっくり丁寧に織りあげています。


 

濃密なグレーに染め、タオルブランケットを仕立てました。ほどよくシャリ感のある肌触りになるように、ウォッシュ加工されています。

 

TLB home で定番のタオル ワッフルネリンガ(左)とは対照的に、ハリのある質感とざっくりとした織目が大きいところが特徴。

商品ページはこちらから

すぐ乾く!キルティングシーツ

ラミー100%(麻)のわたを使って、シックなブルーのキルティングシーツを仕立てました。薄いながらもふっくらとした風合いと、乾きのよさにこだわりました。


いつでも気持ちよく使いたいから

天然素材であることと、軽さや薄さにこだわってつくったキルティングシーツ。乾きがとっても速いから、気軽にお洗濯できていつでも気持ちよく使えますよ。




素材はラミー100% (※麻)のわたと、ベルギーリネンのブランド・LIBECOの生地 “オーリーズポイント” を合わせました。※)リネン・ラミーについてのコラムはこちら >>


▲目のつまったネップ感のあるリネンコットン。お部屋のポイントになるシックなブルーです


▲左が洗う前、右が洗った後。はじめはパリッとした風合いですが、洗うとしぼ感でてやわらかな風合いに



マットレスや布団に敷くベッドパットとしても使っていただけますが、素肌でそのまま寝転ぶことを目的につくりました。


中に入っているわたのお話

天然素材のラミー(麻)のみを原料に10年の研究経て生まれたわたは、織物の産地滋賀でつくられています。


リネンやラミーなど麻の生地を専門に製作していたところ、天然素材の寝具・インテリアの需要が年々高まってきたことから開発はスタート。

生地を織るのと同じ原料を使用し、薄くてもやぶれることのない丈夫さと柔軟性をかね備えたわたは完成しました。

▲ちくちく感のない、ふわふわのわた。見えないところまで家族みんなで安心して使える天然素材

▲わたの繊維一本一本、中心部が空洞になっているため、吸水性・速乾性・保温性に優れているんです
 

乾きがいいのは麻のわただから




スタッフわたなべが実際に使ってみました。まとめるとこんなにコンパクトで、他のキルティングシーツに比べて本当にすぐ乾いたので感激。中のわたまで麻だからこそ抜群の乾き!



リネンのボックスシーツをかけたマットレスの上にキルティングシーツを敷いて。固定をするためのゴムがなくてもずれることなく眠れました。

デニムのような風合いの生地は、素肌にはりつかずさら~っとした寝心地。敷いているだけなので、思ったときにさっとお洗濯できて気楽。


洗いたてのさらっとした肌ざわりは、暑くなるこれからの季節にぴったりですよ。

表地:リネン51% コットン49%
中わた:ラミー100%(麻)
サイズ:100x200cm
重さ:約900g 厚さ:3mm-5mm

原産国:日本

キルティングシーツ商品ページはこちら

お客さまの声をご紹介します「リネン素材のベッドリネン」

今年オンラインショップで行ったアンケートの結果の一部を、皆さまのお買いものの参考にしていただきたくご紹介します。

商品ページはこちら

眠り心地はいかがでしたか?

リネンバードホームではベルギーリネンのブランドLIBECOを中心に、リネン素材のベッドリネンを販売しています。そんな私たちスタッフが常々気になっている、オンラインショップでお買いものをされたお客さまの "その後の気持ち"。

なかなか直接聞く機会がなかったので、今年の7月から9月にかけてベッドリネンアンケートを行いました。


▲ブラックを基調としたシックなデザインのLIBECOタックストライプシリーズのベッドリネン

「肌ざわりが好き」「しっかりとしている」

アンケートに答えてくださったお客さまは、主に30代~70代の女性。
リネン素材のベッドリネンが初めての方もいれば、手持ちのリネン製品と比較してくださった方、LIBECOのリネン製品を愛用されている方からの声も。

そのなかで最も多かったのは「肌ざわりのよさ」
つづいて「生地に厚みがあってよい、しっかりとしている」という感想でした。


お客さまから届いた声の一部をご紹介します

滋賀県のNさん:「初めてのリネンシーツはオーソドックスなものからという考えで、クラシックスシリーズのシーツのシングルを選びました。

肌触りがとてもよく気持ちよく眠ることができました。すぐに乾きますし、糊付けが要らないのでとても楽。思っていた以上に肌ざわりがよく、これから少しずつ増やしていきたいです」


青森県のHさん:
「シンプルさに惹かれてクラシックスシリーズのシーツのダブルを選びました。使いはじめにゴワゴワ感はありますが、空気を含んだふんわり優しい感じが気に入ってます。

直接肌にふれた時に気持ちよく、大きなわりに乾きが速いと思いました。暑い季節にはタオルケットがわりに使い、寒くなったら トップシーツのように使ってみようと思っています」


▲今年の春から紹介しているLIBECOフォークストーンシリーズのデュベカバー。レトロなネイビーストライプが特徴

東京都のKさん:「リネン素材であることと柄が気に入り、フォークストーンシリーズのデュベカバーのシングルを選びました。LIBECOの製品はほかにも持っていて安定の気持ちよさ。

しっかりとした生地なので、長く使えそう。ボトルのような形の入口*は初めてでしたが、マットの下に巻き込む使い方*が思った以上に良かった。生地が厚めなのにさすがにリネン、乾くのが速い!洗濯を繰り返して長く愛用し、生地の経年変化も楽しんでいきたい。

本当にリネンは通年使える優秀な素材。気持ちよく眠れることは、翌日の元気につながります。 長く愛用したいと思います」

いただいた声をうけて

自分だけではなく誰かの目線も取り入れると、視野が広がりますよね。私たちの場合、それはお客さまから届くひとことだったりします。

私たちスタッフも商品を使っていますが、今回集まった結果にあらためて思うことや発見がありました。いただいた声をうけて、よりよい商品づくりや選びに生かしていきたいと思っています。



他にもまだまだご紹介したいお客さまの声!それぞれの商品ページに掲載しています。ぜひ今後のお買いものの参考にしてくださいね。


商品ページはこちら>>