bedfitterのエルゴ枕

人間が本来持っている能力をサポートする、自然素材を活かしたbedfitterのエルゴ枕。夏はさらっと快適に、冬は体をやさしく温めてくれます。今回はその魅力や特徴、使い方についてご紹介します。

やわらかく包み込む独特なかたち

とても変わった形状をしているのが印象的なエルゴ枕。上下2ゾーンに分かれていて、首元まで伸びたかたちがユニークです。仰向け・横寝をしっかりとホールドして、顔が枕から落ちるのを防いでくれます。

 

湿度調整力の優れた自然素材である羊毛

サイドのファスナーを開けると、中には化学薬品で洗浄していない羊毛の粒がたくさん入っています。羊毛は、汗を処理してくれる湿度調整力と保温性が高いため、夏はさらっと快適に、冬は体をやさしく温めてくれます。人間が本来持っている能力をサポートする、自然素材を活かした枕なんです。


どんなふうに使うの?

"羊毛の量を調整して自分に合った高さの枕を作れる"という点がこの枕の大きな特徴です。まずは、ご自宅のマットレスに横になって、下の図を参考に羊毛の量を調整してみましょう。
仰向けの場合は、顎が上がったり下がったりしないように気をつけます。横向きの場合は、肩幅と沈み具合によってバランスをとりましょう。

 

羊毛を調整した後は、枕をよくほぐして馴染ませて下さい。また、使用しているうちに羊毛が少しまとまってきますのでその時にも外側からほぐしてあげると枕がふっくらしますよ。


調整して抜いた羊毛は付属の袋に入れて、ミニクッションとしてご使用いただけます。

実際に使ってみました

スタッフNが自宅で実際に使ってみました。「なかなか、しっかり大きいサイズ!」というのが最初の感想。横向きに寝るタイプで、朝起きると枕から落ちているということが度々あったのですが、この枕は横向きに丸まったときも頭が枕から落ちることはなく柔らかくフィットして、何といってもとても温か。

肩まで伸びた形状は、掛け布団と体の隙間を埋めてくれるので冷気が入りにくく、羊毛は汗を吸収し放湿する力が優れているため、冷えることなく保温力のおかげでじんわりとても温かいのです。
それなら夏場はどうなの?と気になるところ。夏場も同じく湿度調整をしてくれるので、放湿する際に気化熱を奪いサラリと涼しいんです。

リネンと同じように、人間が本来持っている能力をサポートする自然素材を活かした枕というわけです。

お手入れ方法

天然素材は太陽の光を浴びることが一番のお手入れ方法です。特に羊毛は、本来持っている復元機能と自浄能力によって、吸収した汗を中和・分解することが出来ます。
そのため羊毛製品はお洗濯ではなく、天日干しを行ってください。ご使用いただくうちに羊毛が少しずつ硬くなってきますが、天日干しすることによってふっくらした感じが戻り、殺菌効果も生まれます。

エルゴ枕のページはこちら