PICK UP

LIBECOの定番ベルジャンタオル。その風合いに惚れ込んだ愛用歴4年のスタッフが、出合いから使い続けている今をご紹介します。

商品ページはこちら

出合いは4年前

夏場に肌掛けを必要としないほど暑がりな私は、なにも掛けずにそのままの状態で寝ているなんてこともしばしば。それでも冷えが気になる年頃、お腹が丸出しになっても嫌だなあ…と思っていた矢先、このベルジャンタオルに出合いました。


バスタオルの名前がついていますが、110×180㎝の大き目サイズなので肌掛けとしてもぴったり!そしてなんといっても、触れるだけで癒され、思わず頬をすりすりさせちゃいたくなる気持ち良さ…

当時ベルギーから届いたばかりのタオルを手に取るやいなや、“これは絶対に買う!”とめずらしく即決、心地よい風合いが一番の決め手でした。

肌かけとして愛用しています

実際に使ってみて、肌掛けにぴったりでした。とにもかくにも暑がりなので、お腹まわりにそっと掛けるぐらいがちょうどいい。肌寒い日の朝晩はすっぽりとからだを覆ってくるまるのが至福です。

暑い季節の夜の眠り、いつもの昼寝も傍らに。
気づけば出番はふえて2年3年と…いつの間にか手放せなくなりました。

心地良さはいつもいっしょがいい

飽きのこないシンプルなデザインも気に入っていますが、なんといっても風合いに惚れ込んでいるため、いつもそばに置いておきたい。

自分の部屋だけでなく家の中で持ち歩いては、あぁ~きもちい~!と心の声を漏らすほど。その心地よさから得られる安心感がたまらないのです。


▲この姿、まるでPEANUTSに出てくるライナスみたい。毛布を持ち歩くライナスの気持ち、わかります 笑

使い続けた今・・・

ウォッシュド仕上げのベルジャンタオルは、新品の状態からやさしい肌触り。
出合った時から、その心地よさは格別でした。

月日が流れ、4年使いつづけている私のベルジャンは、織りの弾力が取れてなめらかに。肌に寄り添うくったり感が加わって、さらに極上な風合いに育っています。


▲私が選んだのは初代カラーのグレー。フリンジあたりはだいぶ年季が入ってきました


▲使い込んだタオルは織りがなめらかでくったり

ベルジャンタオルとの付き合い方

デザインの特長としてラフな仕上げのベルジャンタオルは、四方にほつれ止めはありますが、使っているときや洗濯で横糸と縦糸がほつれることがあります。

私は、気になった時にほつれた糸をカット、その都度すこし整えながら使っています。ほつれた部分を必ずカットした方が良いということではないですが、状態を整えながら使うと、より心地良く長く使い続けることができると実感しています。

また、
天然素材の特性で洗濯や使用時に毛羽が出てきます。洗濯は単体でネットに入れて、優しい洗濯コースがおすすめ。タンブラー乾燥は避けてください。

ほつれや毛羽は使っていくうちに次第に落ち着いてきます。そして、その頃にはますます手放せない一枚になります。



好きなものはとことん!な私。シーズン毎にふえる新色を見ては、もう一枚欲しいなと思う今日このごろ。今後もベルジャンタオルを肌掛けとして使いつづけていきます。

商品ページはこちら