フレンチオークテーブル
家具のお話

フレンチオークテーブル

blog#1 使い込まれた古い天板は表情が豊かで味わい深いものですが、無塗装のままだと乾燥による割れや反りの要因 になり、汚れも付きやすくなります。 かといってニスやワックス、オイルをそのまま塗布すると、クリアカラーでも濡れ色に仕上がってしまい、 せっかくの風合いが損なわれてしまう。 そんな時に有効なのがホワイトウォッシュ仕上げ。 水性ホワイト塗料を特別に調合して文字通り「洗う」ように刷り込み、じゅうぶんに乾かしてから蜜蝋ワックス で仕上げると、割れや反り、汚れの心配をせずに朽ち果てた質感を楽しめます。 blog#2 今回ご紹介するフレンチテーブルも、天板のグレイッシュな素材感とレッグの煉瓦色とのコントラストをきれい に演出するために、天板をホワイトウォッシュで仕上げています。アンティークの修理やリメイクのご相談を承ります。 遠慮なくお声掛けください。 blog#3   French Oak Table  W1000mm D670mm H770mm

コメント